代表パーソナルトレーナー
(岡 洋介)ブログBLOG

2020/11/27

  • ダイエット
  • ボディメイク・シェイプアップ
  • 健康・栄養

ダイエットも健康もまず朝食から!

 

こんにちは!


浦和の女性専門 ダイエット&ボディメイク!「キレイで健康になる」パーソナルトレーニング ジム「グッドシェイプ」代表 岡洋介です。


「朝食にたんぱく質!」


前回まで脂質異常症について書いてきて、まだ途中なのですが、ブログの記事が難しいとご意見を頂いたので今日はちょっとお休みして簡単なもので^_^


当ジムに体験や入会された方の食事の聞き取りをすると、ほぼ100%朝食のたんぱく質が足りません。


たんぱく質はカラダの材料になるとともに、私達のエネルギーを作り出す酵素はタンパク質です。


つまり、たんぱく質が足りてないと代謝が上がらないということです。


たんぱく質は1日に自分の体重当たり最低1gは必要です。60kgの人なら最低60g


これを3食で摂るとすれば、1食あたり20gですね。


あくまでざっくりとした数値ですが肉・魚は100gあたり20gのたんぱく質、卵なら6g位、納豆1パック78gです。


大体の人がパン、コーヒー、卵、サラダ、ヨーグルトみたいな感じです。


このように朝食のたんぱく質が少ないと、昼夜でかなりしっかりと肉魚を摂らないといけないことになるのですが、昼食は麺類の人が多く、結局たんぱく質不足になっています。


浦和のいきなりステーキが潰れちゃいましたね😢

じゃあどうすればいいの?

ということなんですが、簡単なのはプロテインをうまく使うことです。


朝は時間もないし、食欲もそんなにないですよね。でも飲むだけなら簡単です。食事で足りない分はプロテインで補いましょう。


ちなみに僕の朝食起床直後にアミノ酸、シャワー浴びて準備して、おにぎり一個、プロテインにえごま油とMCTオイル(エネルギーになりやすい&抗菌作用)とレジスタントスターチ(食物繊維の一種、腸のエネルギーになる)を混ぜて飲んでいます。そしてサプリでビタミンなど。


ちなみにコーヒー、小麦、乳製品を毎日の朝食にするのはおすすめできません。理由は過去記事で探してみて下さい。


お腹が弱い(血液検査でペプシノーゲンが低い方)はプロテインや肉魚でたんぱく質を増やそうとするとうまくいきません。


このような人はアミノ酸で摂取したり、消化を助けるサプリを摂ったり工夫が必要です。


ということで、ダイエットしたい、健康になりたい方はまず朝食から!


ではまた^_^

ブログ内検索

プロフィール

岡 洋介

パーソナルトレーナー
岡 洋介

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

Page Top