代表パーソナルトレーナー
(岡 洋介)ブログBLOG

2019/08/19

  • その他

夏バテ対策に☆

こんにちは!


浦和の女性専門 ダイエット&ボディメイク!パーソナルトレーニングジム「グッドシェイプ」代表 岡洋介です。

「夏場は胃腸の働きが落ちやすい&発汗によるビタミン・ミネラルの漏出で夏バテになりやすいです。」

以前の記事にも書きましたが、夏場は交感神経がONになりやすく、消化の能力が落ちます。食前に梅干しやレモンを食べる・香辛料を使うなどして胃酸を出やすくする、食事中は水分をあまり摂らないようにして胃液が薄まらないようにする。



水分補給は発汗量の多いときは、水だけ摂ると血液が薄まってしまうのでカラダのホメオスタシス(恒常性の維持)の働きで吸収が悪くなります。一緒にビタミンやミネラルも摂りましょう。ミネラルウオーターにぬちまーす(ミネラル豊富な塩)、キュウリ、レモン、大葉などを入れるといいでしょう。場合によって少し糖分を追加します。

熱中症や運動時など一刻も早い水分補給が目的の時は、浸透圧も考慮して濃さを調整するといいです。浸透圧は液体が混ざり合おうとする圧力みたいな感じです。

体液と同じ浸透圧は等張性といいます。糖質は6%位、塩分は0.9%位で等張性です(山本義徳氏の書籍より)。血液に行き渡るまでの全体を考えると少し低張性が速いので、それよりやや薄く作ります。低張性は薄いものが濃い方へ流れ込む感じです。



あとは目的を考慮します。糖質は運動時であれば吸収スピードに影響のない範囲で、できるだけ多く摂りたいので6%ギリギリまで入れたいところですし、そんなにエネルギーが必要ない場面では3%位の濃度の方が吸収は速いかも知れません。

塩分に関しては等張性の0.9%まで入れるとかなりしょっぱいので、飲みやすさも考慮した量にしましょう。

ではまた☆

 
Page Top