代表パーソナルトレーナー
(岡 洋介)ブログBLOG

2019/05/22

  • その他

中性脂肪は低い方がいい⁇

こんばんは!

浦和の女性専門 ダイエット&ボディメイク!パーソナルトレーニングジム「グッドシェイプ」代表 岡洋介です。

中性脂肪が低いのは低血糖&交感神経優位のサイン!

血液検査で中性脂肪の値が低い方。検査には引っかからないので、低い方がいいと誤解されてるかもしれません。100位が理想です。低い方は低血糖かもしれません。低血糖になるとアドレナリンやコルチゾールが出て、中性脂肪が使われて低く出るのです。

低血糖の症状

食後の強い眠気、手汗、手足の震えや冷え、強い肩コリや腰痛、睡眠時の食いしばりや覚醒、悪夢を見るなどなど。

パインズホテル。最近はウイスキーの勉強中

低血糖の原因と弊害

食事で一度に沢山の糖質を摂っている、消化の早い糖質を摂っている、インスリンの効きが悪い、食事と食事の間が長い、肝機能が低くアミノ酸から糖質がうまく作れない、脂肪をうまくエネルギーとして使えないなどなどの理由で血糖値が保てない、低血糖になってしまいます。                                                                        ※血糖値を保つために肝臓でアミノ酸や脂肪酸から糖を作るという機能があります(糖新生)。血液検査のALTやAST、LDHが適正かどうか。(検査で引っかからなくても適正値ではないです。)

パンや麺などの小麦、スイーツなどは量を摂りやすい&血糖値が上がりやすい→インスリンが大量に出る(太る)→血糖値が下がり過ぎる→アドレナリンやコルチゾールで血糖値を上げる→交感神経優位→イライラ、眠りが浅くなる、高血圧、便秘、消化機能低下、肩コリや腰痛などなど。

糖質過多、太り気味の方はだんだんとインスリンの効きが悪くなってきます。そのためより沢山のインスリンが分泌され、より太りやすくなります。                                                      ※インスリンは膵臓から分泌されるホルモンで糖を細胞の中に入れる働きをします。筋肉・肝臓・脂肪細胞へと運んでいきます。筋肉が少ない人は脂肪にいく分が増えます。

南浦和のレベルストック。アルコールもたまには飲みます。栄養とカラダを理解し、かっこいいカラダで健康を保ち、一生懸命に学んで働いて世の中に貢献し、人生を豊かに生きる!そんな人になりたいです^_^

まとめ

血糖値は乱高下しないように一度に糖質を摂り過ぎない、食べ合わせや食べ順、低GIのものにするなど気をつけましょう。そして栄養をしっかり摂取&吸収させて代謝がきちんと回りエネルギーが作れる、糖新生ができるように。カフェインを摂らないで済むように。

※眠気覚ましにコーヒーを飲んだりアドレナリンでカラダを回している方。キャリアウーマンや忙しい主婦や経営者の方。低血糖の自覚症状がない方も多いです。しかし数年後、無理にアドレナリンやコルチゾールを出している副腎は疲弊し、ホルモンを分泌できなくなってきます。副腎疲労→甲状腺機能低下→代謝下がる→痩せられない!慢性疲労の原因にもなります。ご自愛ください。

 

 
Page Top