代表パーソナルトレーナー
(岡 洋介)ブログBLOG

2017/01/27

  • ダイエット
  • トレーニング

BFRトレーニング④〜2つのストレス〜

こんばんは!

浦和のパーソナルトレーニングジム「グッドシェイプ」代表 岡洋介です。

筋肉はストレスへの適応現象で発達していくのですが、そのストレスは物理的ストレスと化学的ストレスがあります。

IMG_0500

物理的ストレスは通常のウエイトトレーニングのような刺激で、筋肉に微細な損傷を与えるものです。最大筋力の80%程度の負荷をかけることで効果が出やすくなります。

化学的ストレスはBFRトレーニングのような筋肉の内部環境を変化させるような刺激です。血流が制限されることによる低酸素状態、乳酸などの代謝物質の蓄積などで筋肉の内部環境が過酷な状態になり成長ホルモンの分泌やmTORの活性化が促されます。こちらは最大筋力の40%程度で効果が出ます。よって筋肉へのダメージが少ないため高頻度でトレーニングできるという利点もあり、その点でもダイエットに効果的です。

つづく

 

 
Page Top