代表パーソナルトレーナー
(岡 洋介)ブログBLOG

2021/05/22

  • 健康・栄養

つわりにあの栄養素⁉️妊娠糖尿病との関係⁉️


こんにちは!


浦和の女性専門 ダイエット&ボディメイク!「キレイで健康になる」パーソナルトレーニング ジム「グッドシェイプ」代表 岡洋介です。



「つわりにあの栄養素?」
「つわりと糖尿リスク」

先に結論。本文では専門用語が少し出てきますが、要するにビタミンB6が効果的という話です

最近うちのジムは妊娠ラッシュです^_^
おめでたいです。


今日はつわりについて軽く書いていきたいと思います。

つわりの1つの原因とも言われているのがキサンツレン酸という物質です。。つわりが酷い人の尿中のキサンツレン酸濃度が高いことが分かっています。



これはトリプトファンというアミノ酸から様々なものを作る経路の中間産物です。

トリプトファン代謝はセロトニンやメラトニンを作る経路と、※NAD(ナイアシンの活性型)を作るキヌレニン経路にわかれます。
※エネルギーを作るのに必要です。



炎症や妊娠でIDOという酵素が活性化され、キヌレニン経路が活発になります。
妊娠以外にも炎症やストレスがあるとキヌレニンにいく経路が活発になってしまうのでセロトニン↓、メラトニン↓でイライラしたり寝つきが悪くなったりします。お腹や喉や歯が悪い人、隠れ脂肪肝、ストレスがある人などは要注意です

その途中で、ビタミンB6(※活性型のPLP)の不足があると、キサンツレン酸という物質が多くなってしまいます。

※ビタミンは実際に働く時は活性型になる必要があります。ビタミンB6を活性型に変えるにはビタミンB2が必要です。ビタミンB2を活性型にするには甲状腺ホルモンや副腎ホルモンが必要です。
ですのでビタミンBは相互作用しているのでサプリメントで摂る時にはビタミンB群として。
そして甲状腺機能が低下していたり、副腎疲労のある方はビタミンB6が体の中でうまく利用できません。

そして妊娠中期から末期にかけて活性型のビタミンB6がどんどん減っていくことが分かっています

このキサンツレン酸は※インスリンと複合体を形成することによりインスリンの効きを悪くしてしまいます

※インスリンは血液中の糖を細胞の中に入れる働きです。

妊娠糖尿病の原因としてホルモンの影響もありますが、ビタミンB6不足によるインスリン抵抗性も影響しそうです。

ではまた^_^

・コンプリートダイエットコースのモニター募集中!
コンプリートダイエットコース詳細
モニター募集詳細

・ CBDオイルのネイチャーカン→CBDオイル詳細
https://www.naturecan.jp/
割引コードOKA15でさらに15%off

・iHerbの割引コード
TSM396

ブログ内検索

プロフィール

岡 洋介

パーソナルトレーナー
岡 洋介

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

Page Top