代表パーソナルトレーナー
(岡 洋介)ブログBLOG

2023/03/22

  • 健康・栄養

慢性的な首肩腰の痛みは⁉️


こんにちは!

浦和の女性専門 ダイエット&ボディメイク!「キレイで健康になる」パーソナルトレーニング ジム「グッドシェイプ」代表 岡洋介です。

慢性的な首肩腰のコリや痛みは⁉️

先日の副腎疲労の記事に関連して、今回は首肩腰などの慢性的なコリや痛みに関して。

僕自身、数年前までは毎日のように接骨院に通ってマッサージを受けていました。(接骨院は保険が効くので数百円です)

僕は学生時代の引越しのアルバイトで腰を痛め、空手の選手時代の激しいトレーニングでヘルニアになって手術もしています😭


接骨院には僕も含め毎日のように来ている常連さんが多かったです。
マッサージは気持ちいいですからね🙂

でもちょっと待って下さい、、、

接骨院に通い続けている状態ってどう思いますか?

治ってないですよね💦

確かにマッサージは気持ちいいですし、やった直後はなんとなく良くなった感じはあります。
でもこれはあくまで対処療法であって根本的なアプローチではないんです。

————————————————————-

今回の記事は接骨院を否定するような趣旨ではありません

僕が通っていた時のスタッフさんには感謝していますし、僕はトレーナーなので柔道整復師の知り合いがとても沢山います。
志を持って活動されている素晴らしい柔道整復師の先生は沢山いらっしゃいます。

今回の記事は通う側の話です。
接骨院は事故や怪我での急性期からの治療が本来の使い方であり、保険も本来そのような目的になっています。
慢性痛に保険は適応されないので本来は自費になるのですが、接骨院ではカルテをうまいこと書いて保険適応にしているので公然のグレーゾーンがあるのも事実なんです、、、。

————————————————————-

ということで、根本的に痛みが出ないようにして通わなくていいようになるのが1番いいですよね🙂

じゃあどうやって治すのか?は人それぞれの原因に合わせて治療するということです。

その中で慢性痛の多くの原因としてストレスや低血糖があるのです。

これは原因のよく分からないものに対してストレスという言葉で濁すとかそんな話ではないです。

ストレス・炎症・低血糖によってコルチゾールが分泌されることによる体の反応として慢性痛に繋がっているケースがあるのです。

簡単に言うとコルチゾールはストレス・炎症・低血糖に対抗するためにエネルギーアップさせるホルモンです。

筋肉を分解してアミノ酸にして肝臓へ運び、アミノ酸を糖に変換して血液中に出荷して血糖値を上げます。

筋肉が分解するというのは簡単に言うと筋肉が壊れるということです。

そしてコルチゾールが分泌されている状態は交感神経(闘争&逃走の神経)が優位な状態なので、筋肉は緊張してこわばります

このような状態が慢性的に続けば痛みが出そうですよね。

ですので、コルチゾールが原因の痛みに対しては

 ストレスを避ける、受け止め方を変える、耐性をつける

 低血糖を避ける、補食(砂糖やコーヒーはできるだけ避けましょう)をする

 炎症のケア(腸・口腔・上咽頭のケア、肥満の解消)

が有効です。
各✅の内容についてはまた今度詳しく書こうと思います。

↑目黒川の桜はまだ5分咲きでした、、。お花見に行かれる方はご参考まで。

ちなみに僕はもう接骨院に通わなくてよくなりました✌️

ではまた!

ブログ内検索

プロフィール

岡 洋介

パーソナルトレーナー
岡 洋介

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

Page Top